にんじん(人参)|食材の種類と選び方、食材の持つ栄養素とその効能は?

当ページのリンクには広告が含まれています

こんにちは、shin です。

このブログは、以下の情報を発信しています。

  • 野菜・果物などの食材についての知識
  • 栄養素と効能
  • 食を通して健康の料理レシピ
  • 病気・症状の予防と改善

[ 食材 ]では、下記の疑問を抱えている方の悩みも解決できる内容を発信しています。

  • この食材は、どのように選べばいいの?
  • この食材を食べると、何の栄養素が摂れるの?
  • この食材に含まれる栄養素は、どのような効能があるの?

仕事、炊事、洗濯、掃除など、日々忙しく、食事が偏りがちな生活になっていませんか?

「なんか時間が足りない…」と感じることはありませんか?

そんなとき、自分へのご褒美として、生産者の「 気持ち と こだわり 」が込められた、「 新鮮 で 美味しい 」採れたて産地直送食材をお取り寄せしてみるのも良いかもしれません。

また、心も体も元気にするため、自分に不足していると思う栄養素を、好きな食材を通してしっかり摂りましょう。

この記事では、「にんじん(人参)|食材の種類と選び方、食材の持つ栄養素とその効能は?」について書いてみました。読んでみてください。

目次

食材の持つ栄養素と効能

しっかり摂れるβ−カロテンで目・皮膚の健康と免疫力アップ

食材を摂取することで得られる期待できる効果を知ると、より健康的な食生活を送るのに役に立つので、活用してみてください。

※栄養素の種類は、食材に含まれる栄養素の一部を紹介しています。

β−カロテン|免疫力の向上、皮膚の健康維持

β−カロテンは視力を維持し、夜盲症予防が期待されます。抗酸化作用があり、細胞の老化を防ぐといわれています。また、体内でビタミンAに変換され、免疫機能の維持にも役立ちます。

ペクチン(食物繊維)|消化促進・便秘予防

食物繊維は、腸内環境を整える効果が期待されます。また、便秘の予防や改善に役立つといわれています。

カリウム|高血圧予防、疲労回復

カリウムは、余分なナトリウムを排出することで高血圧予防に寄与するといわれています。また、筋肉の収縮や神経伝達を助けるため、疲労回復の効果も期待されます。

α−カロテン

強い抗酸化作用で、動脈硬化やがん予防

ビタミンB12|貧血予防、神経機能の維持  

ビタミンB12は赤血球の生成を助け、貧血を予防するといわれています。また、神経機能の正常化に寄与するため、神経障害の予防が期待されます。  

オロト酸

中毒による肝障害から、肝臓の回復。

リコピン

強い抗酸化作用で、動脈硬化やがん予防

食材の種類

にんじん(西洋種)

スーパーによく出回っている。

島にんじん(東洋種)

沖縄で育つ在来のにんじん。

金時にんじん(東洋種)

  • 正月前にで回り、柔らかく、甘みと香りが強い。
  • 赤い組織は、リコピンを含む。

※食材の種類は一部をご紹介しています。

食材の選び方・良品の見分け方

  • 茎の切り口が細い。
  • 葉がしおれてなく、緑色が濃い。
  • にんじん自体のオレンジ色が濃い。
  • 全体的に丸い。

食材の保存方法

  • 葉は切り落とし、別々で保存する。
  • 新聞紙で包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存する。

知っ得!食材

  • β−カロテンを大量摂取しても、体内で必要な分だけビタミンAに変換されるので、ビタミンAの過剰摂取を避けることができる。
  • 東洋種の金時にんじんは、赤い色素のリコピンを含む。
  • 皮のすぐ下にβ-カロテンを豊富に含むので、皮ごと食べる。
  • 市販のニンジンは、「洗いにんじん」といい、すでに皮がむかれている。

主な産地

  • 北海道
  • 千葉
  • 徳島
  • 青森

旬の時期

  • 通年
  • 春夏にんじん : 4月〜8月
  • 夏にんじん : 9月〜12月
  • 冬にんじん : 12月〜3月

※品種や地域により旬の時期が異なり、目安の表記となります。

料理・レシピ

産地直送・新鮮食材

産地直送の利点は、採れたての「新鮮で美味しい」食材を直接取り寄せできることです。

栄養素を効率的に摂取するには、時間が経っていない新鮮な食材が良いです。

生産者が食材に込めた「気持ちやこだわり」も重要です。生産者から直接産地直送された、採れたての「新鮮で美味しい」食材をぜひお試しください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次