キウイフルーツ|知っておきたい!食材の種類と選び方、栄養素とその健康効果

当ページのリンクには広告が含まれています

こんにちは、shin です。

このブログは、以下の情報を発信しています。

  • 野菜・果物などの食材についての知識
  • 栄養素と効能
  • 食を通して健康の料理レシピ
  • 病気・症状の予防と改善

[ 食材 ]では、下記の疑問を抱えている方の悩みも解決できる内容を発信しています。

  • この食材は、どのように選べばいいの?
  • この食材を食べると、何の栄養素が摂れるの?
  • この食材に含まれる栄養素は、どのような効能があるの?

仕事、炊事、洗濯、掃除など、日々忙しく、食事が偏りがちな生活になっていませんか?

「なんか時間が足りない…」と感じることはありませんか?

そんなとき、自分へのご褒美として、生産者の「 気持ち と こだわり 」が込められた、「 新鮮 で 美味しい 」採れたて産地直送食材をお取り寄せしてみるのも良いかもしれません。

また、心も体も元気にするため、自分に不足していると思う栄養素を、好きな食材を通してしっかり摂りましょう。

この記事では、「キウイフルーツ|知っておきたい!食材の種類と選び方、栄養素とその健康効果」について書いてみました。読んでみてください。

目次

食材の持つ栄養素と効能

ビタミンC で、免疫力強化 と 美肌力アップ、アクチニジン のタンパク質分解で、消化促進

食材を摂取することで得られる期待できる効果を知ると、より健康的な食生活を送るのに役に立つので、活用してみてください。

※栄養素の種類は、食材に含まれる栄養素の一部を紹介しています。

ビタミンC食物繊維ビタミンEカリウムクエン酸リンゴ酸アクチニジン

ビタミンC|抗酸化作用、免疫力向上

ビタミンCは、強力な抗酸化作用を持ち、細胞の老化を防ぐといわれています。また、免疫力を向上させ、風邪などの感染症への抵抗力を高めることが期待されます。

食物繊維(水溶性・不溶性)|便通改善、血糖値安定

食物繊維には、水溶性と不溶性の両方があり、水溶性食物繊維は血糖値の急上昇を抑え、不溶性食物繊維は便通の改善が期待されます。

ビタミンE|抗酸化作用、血行促進

ビタミンEは、強力な抗酸化作用があり、細胞の老化を防ぐといわれています。また、血行を促進し、冷え性の改善が期待されます。

カリウム|高血圧予防、疲労回復

カリウムは、余分なナトリウムを排出することで高血圧予防に寄与するといわれています。また、筋肉の収縮や神経伝達を助けるため、疲労回復の効果も期待されます。

クエン酸(有機酸)|疲労回復、エネルギー代謝の促進

クエン酸は、エネルギー代謝を助け、疲労回復に役立つといわれています。また、筋肉の疲労を軽減する効果も期待されます。

リンゴ酸(有機酸)|疲労回復・食欲増進

リンゴ酸は、疲労回復に効果が期待されます。また、酸味が食欲を増進するといわれています。

アクチニジン|消化酵素としての働き、タンパク質の分解促進

アクチニジンは、キウイフルーツ特有の消化酵素で、タンパク質の分解を助け、消化を促進するといわれています。特に肉類の消化を助ける効果が期待されます。

食材の種類

グリーンキウイフルーツ

  • 形状 |楕円形  
  • 大きさ|長さ5~8cm、幅4~5cm  
  • 色  |外皮は茶色でうぶ毛があり、果肉は緑色  
  • 硬さ |熟す前は固く、熟すと柔らかい  
  • 食感 |ジューシーで滑らか  
  • 風味 |甘酸っぱい味  
  • 特徴 |ビタミンCや食物繊維が豊富  
  • 旬  |11月から5月  
  • 主産地|ニュージーランド、日本(愛媛県、福岡県、和歌山県など)  
  • 野菜 |ー  
  • 調理法|生食、スムージー、サラダ、デザートのトッピング  

ゴールデンキウイフルーツ

  • 形状 |楕円形  
  • 大きさ|長さ5~8cm、幅4~5cm  
  • 色  |外皮は茶色でうぶ毛は少なめ、果肉は黄色
  • 硬さ |熟す前は固く、熟すと柔らかい  
  • 食感 |ジューシーで滑らか  
  • 風味 |甘味が強く、酸味が少ない  
  • 特徴 |ビタミンCやビタミンEが豊富、ビタミンCはグリーンの約2倍
  • 旬  |5月から11月  
  • 主産地|ニュージーランド、日本(愛媛県、福岡県、和歌山県など)  
  • 野菜 |ー  
  • 調理法|生食、スムージー、サラダ、デザートのトッピング  

※食材の種類は一部をご紹介しています。

新鮮な食材を購入できるサイトのご紹介になります。是非お立ち寄りください

選び方

  • ふっくら楕円形で重量があるもの
  • 均一な色をしていて、色が濃すぎない
  • 産毛が均一に生えている
  • 軽く押して少し柔らかさを感じられるものは熟している

食べ頃

  • 軽く押して少し柔らかさを感じると食べ頃
  • 追熟させたい場合は、リンゴと一緒に置くと良い
  • 熟したキウイは冷蔵庫で保存し、2〜3日以内に食べるのがおすすめ

食材の保存方法

  • 未熟なキウイは常温で保存し、追熟させる
  • 熟したキウイは冷蔵庫の野菜室で保存し、早めに消費する
  • 切ったキウイはラップで包んで冷蔵保存し、できるだけ早く食べる

知っ得!食材

  • キウイフルーツはビタミンCが豊富で、1個で1日の必要量をほぼ満たせると言われている
  • アクチニジンという酵素(たんぱく質分解酵素(プロテアーゼ))が含まれており、肉を柔らかくする効果が期待されるため、肉料理に使用すると良い
  • 皮ごと食べることも可能で、皮には食物繊維が豊富に含まれている
  • キウイフルーツは冷凍保存も可能で、スムージーやデザートに利用すると便利
  • 黄肉種の方が、ビタミンCが多く、いちごを上回る。

産地直送・新鮮食材

産地直送の利点は、採れたての「新鮮で美味しい」食材を直接取り寄せできることです。

栄養素を効率的に摂取するには、時間が経っていない新鮮な食材が良いです。

生産者が食材に込めた「気持ちやこだわり」も重要です。生産者から直接産地直送された、採れたての「新鮮で美味しい」食材をぜひお試しください。

キウイフルーツはビタミンCや食物繊維が豊富で、免疫力強化や美肌効果が期待されます。新鮮なキウイフルーツを食卓に取り入れて、健康的な生活を送りましょう。

新鮮なキウイフルーツを購入できるサイトをぜひご利用ください。

料理・レシピ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次