ブロッコリー|知っておきたい!食材の種類と選び方、栄養素とその健康効果

当ページのリンクには広告が含まれています

こんにちは、shin です。

このブログは、以下の情報を発信しています。

  • 野菜・果物などの食材についての知識
  • 栄養素と効能
  • 食を通して健康の料理レシピ
  • 病気・症状の予防と改善

[ 食材 ]では、下記の疑問を抱えている方の悩みも解決できる内容を発信しています。

  • この食材は、どのように選べばいいの?
  • この食材を食べると、何の栄養素が摂れるの?
  • この食材に含まれる栄養素は、どのような効能があるの?

仕事、炊事、洗濯、掃除など、日々忙しく、食事が偏りがちな生活になっていませんか?

「なんか時間が足りない…」と感じることはありませんか?

そんなとき、自分へのご褒美として、生産者の「 気持ち と こだわり 」が込められた、「 新鮮 で 美味しい 」採れたて産地直送食材をお取り寄せしてみるのも良いかもしれません。

また、心も体も元気にするため、自分に不足していると思う栄養素を、好きな食材を通してしっかり摂りましょう。

この記事では、「ブロッコリー|知っておきたい!食材の種類と選び方、栄養素とその健康効果」について書いてみました。読んでみてください。

目次

食材の持つ栄養素と効能

スルフォラファン で、高い抗酸化作用 と 解毒作用

食材を摂取することで得られる期待できる効果を知ると、より健康的な食生活を送るのに役に立つので、活用してみてください。

※栄養素の種類は、食材に含まれる栄養素の一部を紹介しています。

⁠ビタミンCビタミンK葉酸カルシウムスルフォラファン

ビタミンC|抗酸化作用、免疫力向上

ビタミンCは、強力な抗酸化作用を持ち、細胞の老化を防ぐといわれています。また、免疫力を向上させ、風邪などの感染症への抵抗力を高めることが期待されます。

ビタミンK|血液凝固の正常化、骨の健康維持

ビタミンKは血液の凝固を正常に保つ働きが期待されます。また、骨の健康維持に役立つとされています。

葉酸|胎児の成長促進、貧血予防  

葉酸は、赤血球の生成を助け、貧血の予防に寄与するといわれています。また、胎児の正常な成長を促進し、妊娠中の女性にとって重要な栄養素です。  

カルシウム|骨の強化、歯の健康維持  

カルシウムは、骨や歯の構成要素として重要であり、骨の健康維持や骨密度の低下を予防する効果が期待されます。  

スルフォラファン|抗酸化作用、解毒作用

スルフォラファンは、強力な抗酸化作用を持ち、細胞のダメージを防ぐといわれています。また、肝臓の解毒酵素を活性化し、体内の有害物質の排出を促進する効果も期待されています。  

食材の種類

ブロッコリー

  • 形状 |花蕾が密集した房状
  • 大きさ|直径10〜20cm程度
  • 色  |深緑色
  • 硬さ |茎は固く、花蕾は柔らかい
  • 食感 |シャキシャキとした歯ごたえ
  • 風味 |ほのかな甘みと苦味
  • 特徴 |ビタミンCや食物繊維が豊富
  • 旬  |11月〜3月(地域によるが一般的には冬が旬)
  • 主産地|北海道、愛知県、群馬県
  • 野菜 |緑黄色野菜
  • 調理法|蒸す、茹でる、炒める、サラダ、スープ

茎ブロッコリー(スティックセニョール)

  • 形状 |細長い茎に小さな花蕾がついている
  • 大きさ|長さ15〜30cm程度
  • 色  |茎は緑色、花蕾は深緑色
  • 硬さ |茎は柔らかめでしなやか
  • 食感 |シャキシャキとして柔らかい
  • 風味 |甘みがあり、少し苦味
  • 特徴 |茎まで美味しく食べられる
  • 旬  |11月〜4月(地域により異なるが冬から春が旬)
  • 野菜 |緑黄色野菜
  • 調理法|茹でる、炒める、蒸す、サラダ
  • 別名 |スティックセニョール

ブロッコリースプラウト

  • 形状 |細い茎に小さな双葉がついている
  • 大きさ|長さ5〜10cm程度
  • 色  |茎は淡い緑色、双葉は緑色
  • 硬さ |非常に柔らかい
  • 食感 |シャキシャキとした歯ごたえ
  • 風味 |わずかに辛味があり、さわやかな風味
  • 特徴 |スルフォラファンが豊富で、ブロッコリーに成長したものより7倍ほど多い
  • 旬  |通年
  • 主産地|全国各地(施設栽培が主流)
  • 野菜 |淡色野菜
  • 調理法|サラダ、生食、サンドイッチ、スムージー
  • 別名 |ブロッコリー新芽

ブロッコリースーパースプラウト

  • 形状 |細い茎に小さな双葉がついている
  • 大きさ|長さ5〜10cm程度
  • 色  |茎は淡い緑色、双葉は緑色
  • 硬さ |非常に柔らかい
  • 食感 |シャキシャキとした歯ごたえ
  • 風味 |わずかに辛味があり、さわやかな風味
  • 特徴 |通常のスプラウトよりもスルフォラファンが豊富で、ブロッコリーに成長したものより20倍ほど多い
  • 旬  |通年
  • 主産地|全国各地(施設栽培が主流)
  • 野菜 |淡色野菜
  • 調理法|サラダ、生食、サンドイッチ、スムージー
  • 別名 |ブロッコリー新芽

※食材の種類は一部をご紹介しています。

新鮮な食材を購入できるサイトのご紹介になります。是非お立ち寄りください

選び方

  • 花蕾が緑色でしっかりと詰まっているものを選びます。黄色くなっているものは鮮度が落ちています
  • 茎が太く、しっかりとした重みがあるものを選びます。茎が細いものや軽いものは中が空洞になっている可能性があります
  • 葉がしおれていないものを選びます。新鮮な葉は青々としており、触るとしっかりしています

食べ頃

  • 収穫された直後が最も新鮮で美味しいです。特に収穫後1週間以内に食べるのが理想です
  • ブロッコリーは収穫後も成長が続き、花蕾が開いてしまうと食感や風味が落ちます。早めに消費するようにします

保存方法

  • 冷蔵保存する際は、ポリ袋に入れて密閉し、野菜室に保管します
  • 冷凍保存する場合は、小房に分けて軽く茹でてから冷凍します。冷凍することで長期間保存が可能になります
  • 保存期間は冷蔵で約1週間、冷凍で約1か月が目安です

知っ得!食材 豆知識

  • ブロッコリーはアブラナ科の植物で、キャベツやカリフラワーと近縁です
  • ブロッコリーの茎や葉にも栄養が豊富に含まれており、全体を無駄なく使うことができます
  • ビタミンCは熱に弱いため、調理する際は短時間で加熱するのがポイントです
  • ブロッコリーは冷たい水にさらすと、シャキシャキとした食感を保つことができます
  • 食中毒を防ぐために、生で食べる場合は十分に洗浄し、加熱する場合も中までしっかり火を通すようにします
  • ブロッコリースプラウトは、スルフォラファンが、ブロッコリーに成長したものより7倍ほど多い

産地直送・新鮮食材

産地直送の利点は、採れたての「新鮮で美味しい」食材を直接取り寄せできることです。

栄養素を効率的に摂取するには、時間が経っていない新鮮な食材が良いです。

生産者が食材に込めた「気持ちやこだわり」も重要です。生産者から直接産地直送された、採れたての「新鮮で美味しい」食材をぜひお試しください。

ブロッコリーは、ビタミンCや食物繊維を豊富に含み、抗酸化作用や免疫力向上が期待される健康野菜です。日々の食卓に取り入れて、健康維持をサポートしましょう。

新鮮なブロッコリーを購入できるサイトをぜひご利用ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次