ピーマン/パプリカ |食材の種類と選び方、食材の持つ栄養素とその効能は?

当ページのリンクには広告が含まれています

こんにちは、shin です。

このブログは、以下の情報を発信しています。

  • 野菜・果物などの食材についての知識
  • 栄養素と効能
  • 食を通して健康の料理レシピ
  • 病気・症状の予防と改善

[ 食材 ]では、下記の疑問を抱えている方の悩みも解決できる内容を発信しています。

  • この食材は、どのように選べばいいの?
  • この食材を食べると、何の栄養素が摂れるの?
  • この食材に含まれる栄養素は、どのような効能があるの?

仕事、炊事、洗濯、掃除など、日々忙しく、食事が偏りがちな生活になっていませんか?

「なんか時間が足りない…」と感じることはありませんか?

そんなとき、自分へのご褒美として、生産者の「 気持ち と こだわり 」が込められた、「 新鮮 で 美味しい 」採れたて産地直送食材をお取り寄せしてみるのも良いかもしれません。

また、心も体も元気にするため、自分に不足していると思う栄養素を、好きな食材を通してしっかり摂りましょう。

この記事では、「ピーマン/パプリカ |食材の種類と選び方、食材の持つ栄養素とその効能は?」について書いてみました。読んでみてください。

目次

食材の持つ栄養素と効能

ピラジンで、血液サラサラ、脳梗塞・心筋梗塞予防。

食材を摂取することで得られる期待できる効果を知ると、より健康的な食生活を送るのに役に立つので、活用してみてください。

※栄養素の種類は、食材に含まれる栄養素の一部を紹介しています。

ビタミンC|抗酸化作用、免疫力向上

ビタミンCは、強力な抗酸化作用を持ち、細胞の老化を防ぐといわれています。また、免疫力を向上させ、風邪などの感染症への抵抗力を高めることが期待されます。

β−カロテン|免疫力の向上、皮膚の健康維持

β−カロテンは視力を維持し、夜盲症予防が期待されます。抗酸化作用があり、細胞の老化を防ぐといわれています。また、体内でビタミンAに変換され、免疫機能の維持にも役立ちます。

ビタミンE|抗酸化作用、血行促進

ビタミンEは、強力な抗酸化作用があり、細胞の老化を防ぐといわれています。また、血行を促進し、冷え性の改善が期待されます。

ピラジン

血液サラサラ、脳梗塞・心筋梗塞予防。

食材の種類

ピーマン

  • 唐辛子から辛味を除き、未熟な緑色の状態で収穫する品種。
  • 独特な苦味と香りを楽しむ。

パプリカ

  • 唐辛子から辛味を除き、完熟させ生で食べれるよう改良された品種。
  • 肉厚で甘みがある。

※食材の種類は一部をご紹介しています。

食材の選び方・良品の見分け方

  • 表面がツヤツヤし、ハリがあるもの。
  • ヘタの切り口が、茶色っぽく変色していないもの。

食材の保存方法

乾燥しないようにポリ袋などに入れ、冷蔵庫の野菜室に入れる。

知っ得!食材

  • 栄養価では、ピーマンよりパプリカの方が優れていて、ビタミンC・ビタミンEが豊富で、β-カロテンも多く含まれている。
  • パプリカの色の違いは、ポリフェノールの種類の違い。
  • 赤色のパプリカは、体脂肪を燃やす効果があるといわれている「カプサイシン」が含まれる。
  • 黄色のパプリカは、「ビタミンC」が多く含まれる。
  • オレンジ色のパプリカは、「β-カロテン」・「ビタミンC」が多く含まれる
  • 完熟している赤ピーマンは、緑ピーマンと比べると栄養が豊富。

主な産地

  • 茨城
  • 宮崎
  • 高知

旬の時期

  • 通年。
  • 5月〜10月頃が生産量が多い。

※品種や地域により旬の時期が異なり、目安の表記となります。

調理・レシピ

産地直送・新鮮食材

産地直送の利点は、採れたての「新鮮で美味しい」食材を直接取り寄せできることです。

栄養素を効率的に摂取するには、時間が経っていない新鮮な食材が良いです。

生産者が食材に込めた「気持ちやこだわり」も重要です。生産者から直接産地直送された、採れたての「新鮮で美味しい」食材をぜひお試しください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次